出産その1

妊娠高血圧症での出産が今日(12月1日)になりました!
出口を広げるために一昨日入れたものに+バルーンを朝6時半に入れてもらい、
(先生眠そうだった…)

8時より促進剤投与!幼い時に喘息があったので促進剤にも注意をしてもらい開始!
(とはいっても何が起こるか分からないので、ドキドキ)母親はかなり心配をしていた様子。

朝食をし、赤ちゃんがうんちまみれにならないように、トイレもすませた。
また何だかトイレにいきたいな?という気持ちもありそれが陣痛になっているとは後でわかったことだった。
10、11時…お腹が痛い!!!もしかして、これが陣痛なんだな…いつまで続くかな?また明日もかな?なんて思っていた。

病院のお昼ご飯がきている!
母親と旦那は、『カツだから食べろ』とうるさい!
流石に食べる気持ちにはなれない。パイナップルは食べたい!がこの痛みでは無理だ!

『チョコでも食べろ』とまた旦那!
チョコなんて高血圧の陣痛中に食べる気になるはずがない!がうるさいから『食べてやるか』とチョコを食べ出産へ挑む!

『痛いよ…!』旦那もまだ余裕に思っている感じでカメラで、人の陣痛を楽しんでいる感じ!
そうこうしているうちにお腹の中から、『ブシュー!!!』1リットルぐらいの水分が子宮でパンクした!
これは破水だ!『破水したよ』

ナースコールをしたのに、旦那も母親ものんびりしている!
ナースもこない!
『のんびりしてないで呼んでよ!』と叫ぶ!

かなりナースはぐずぐずしている。ナースコールをまた一回!
やっとナースがきて破水の片付け!

パジャマを着替えている最中に支えてくれていたはずなのに、倒れてしまい起きあがれなくなる。
旦那にしか起こして貰えないな…力がもう出ない。

『旦那を呼んで!』と叫んでいるのに、ノンビリ…
細いナース仲間を呼ぶ!旦那はすぐ部屋の外にいるのに…
『使えない。このナース。でも細いナースのスマイル!
仕方ない。この子を頼るか…。

コメントを残す